テクニック講座:フィルムスープについて

「フィルムスープ」についての作成方法を紹介したいと思います。

フィルムスープとは、撮影後、現像前のフィルムに化学反応を起こさせて予期せぬ結果を楽しむという試みのことです。
(写真はフィルムスープのカテゴリーをご覧ください)→こちら
海外のロモグラファーなどがいろいろとやり方について紹介していますが、ここでは自分なりの調理法(?)をお伝えしたいと思います。

※フィルムスープには失敗のリスクが伴いますので、行う際は自己責任でお願いします。
※現像店・ラボが受付可能かどうかよく確認してください。フィルムスープを行った旨は必ず伝えてください。


<撮影について>
人によって異なりますが、私の場合撮影は先に済ませておきます。
ネガフィルム・スライドフィルム等なんでもOKです。
特に露出等いつもと変わった調整はしていませんが、露出アンダーよりはオーバーめのがよいと思われます。
撮影後、フィルムを巻き戻してパトローネに収めます。

<用意する物>
・暗室(ふつーないよね…。押入れとかの暗い部屋でOK)
・中性洗剤(家庭用の普通のでOK)
・クリップ数個(フィルムを暗室内で固定するため)
・コンロ(フィルムの加熱用)
・鍋(フィルムの加熱&洗浄用)
・ドライヤー(フィルムの乾燥用)
・タオル・手袋・新聞紙等(洗剤で汚れるので)

<暗室での作業>
①フィルムをびよ~んと引っぱり出します。
②暗室の壁にクリップをいくつか使いフィルムをまっすぐに固定します。フィルムの乳剤面(摩擦の少ないほう)を表にします。タテ長でもいいですが液体の流れを考慮して私は横に固定します。(画像参照)

01.jpg

③フィルムに、中性洗剤を湯で溶かした液体をまんべんなくぶっかけます。指に付着させてバシッ!バシッ!とはじいてかけます。適度に強弱(メリハリ)をつけるのがコツ。(画像参照)

02.jpg

④かけ終わったらその後少し放置プレイ(2~3分ほど)。その後巻き戻してパトローネに収めます。

<キッチンでの作業>
①水を入れた鍋にフィルムをぶち込みます。
②コンロに火をかけ鍋を加熱します。約5分ほど。目安はボコボコを沸騰し始めたら火を止めて1分ほど余熱程度。ときどき箸かなんかでかき混ぜてください。
※過熱しすぎると現像後のフィルムが平面性のないボコボコした状態になってしまいますので注意!(画像参照)
③水をかけて冷やします。パトローネが手で触れる程度まで冷めればOK。

03.jpg

※↓過熱しすぎてボコボコの状態になってしまった残念なフィルムはこちら(;ω;)
加熱しすぎネガIMG_7352-文字入

<再び暗室での作業>
①フィルムをびよ~~んと引っぱり出します。
②鍋に入れた水で表面の洗剤成分を落とします。乳剤面をあまり指でこすらないように。
③その後フィルムを乾燥させます。ドライヤーを使ってしっかり乾かします。パトローネも乾かします。乾いていないとその後巻き戻したときにフィルム同士がくっついてしまいトラブルの原因になります。
ドライヤーを使わない場合は暗袋に入れて乾くまでそのままにしておいてください。
④パトローネ内も乾き切ったら巻き戻してパトローネに収めます。

04.jpg

<現像処理>
①ネガの場合は通常のC-41現像、スライドの場合はクロスならクロス現像にて。
ラボに出す際にフィルムスープを行った旨を必ず伝えてください。ラボによっては受け付けていませんのでご注意ください。また受付可能な場合でも再度洗浄してから現像処理することになると思います。
(現像機、薬品の品質維持のためです。必ず伝えてください)
②現像後データ取り込み。

…と、こんな行程になります。
よかったら自分なりの味付け(?)を加えてトライしてみてください(^^)

※当記事は、私hodachrome/山本穂高がロモグラフィー上に投稿した記事を当ブログに掲載したものです(ロモグラフィーに確認済み)。日本人向けに加筆・修正等はじゃっかん加えておりますが、すべての著作権は私に帰属しておりますのでその点ご了承ください。
元の記事はこちら:ロモグラフィー:フィルムを調理しよう!フィルムスープの方法 by hodachrome

****************************************
ランキングに参加しています。よかったらクリックをお願いします↓
ランキングに参加しています。よろしくお願いします!
****************************************
スポンサーサイト

テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

コメント

No title

「もちろん暗室でやってね」が何度も書いてあるところが
とっても親切だとおもいま~す!

Re: No title

akikoさん、ありがとうございます〜。
ちゃんと書いておかないとひょっとすると明るいとこでやっちゃう人がいないとも限らないもんね〜( ^ω^ )
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する