褪色のディストピア -dystopia


Canon EOS7S/Konica Centuria100(ネガ現像)

バラの花と女性の佇む廃墟との多重露光です。
それぞれ一回ずつ露光。
くすんだような濁ったような色をしていますが、これは使用期限が「13年」切れたネガフィルムを使用したためです。
かなり発色は悪く、コントラスト・彩度とも低いですが思ったより色が出ていたのには驚きました。
この画像ではわかりにくいですが粒子もかなり荒れていてシャープネスも悪いです。
そんな、捨てられてもおかしくないようなフィルムと多重露光というテクニックが組み合わさることでなんとも不思議な世界が生まれました。

期限切れフィルムは使っていませんが、多重露光による四季をテーマにした作品が今東京の写真展でご覧になれます。
詳しくは下記にて(^_^)/

【告知】 写真展「闇の王Ⅳ」
コンセプトは「光があるから闇がある、闇をテーマにしたポートレイト展」。
光と闇をテーマに、ホダクロなりの人間像を描いていきたいと思います。
皆様のご来場お待ちしております。
会期:6月13日(火)~18日(日) ※17,18日在廊予定
会場:渋谷LE DECO(ルデコ)
リンク:闇の王Ⅳ特設サイト
スポンサーサイト

テーマ : 女性ポートレート - ジャンル : 写真

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する