製陶所探訪 ~フィルム編①


Lomo LC-A+/LomoChrome Turquoise XR100-400(ネガ現像)

愛知製陶所での撮影のフィルム編第一弾が仕上がりました。
近日中に取り壊しの決まっている、焼き物の街瀬戸市にある歴史ある製陶所ですが、関係者のご厚意により撮影させていただくことができました。
計二回訪問していますが、今回の写真は一回目に訪問したものより。フィルムはロモグラフィーの個性的なネガフィルムLomoChrome Turquoiseを使用、カメラはLomo LC-A+。
このフィルムの持つ独特の色合いと廃墟感ある建物の質感とがよくマッチしました。色味が乏しいかなと思っていましたが意外とターコイズらしい発色がよく出てくれました。外からの光が室内の陶器の陳列を程よく照らし出してくれました。時間帯によっては室内が暗くなるため、製陶所らしい様子がよく伝わるよう光によく注意して撮影しました。
写っているモデルは私と同じくロモカメラ&多重露光をこよなく愛する七色思夏期氏です。
しげちゃん、関係者の皆様どうもありがとうございました。
また続編を今後お見せしていきたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する