Simple Use Film Camera作例①


Simple Use Film Camera(SUFC)/Lomochrome Purple XR 100-400

2017-05-08112552.jpg
By iPhone

ロモグラフィーのレンズ付きフィルム「Simple Use Film Camera」(SUFC)による作例です。

このカメラ(というかレンズ付きフィルム)は、三種類のフィルムバリエーション(Lomography Color Negative ISO400、Lomography Lady Grey B&W ISO400、Lomochrome Purple XR100-400)の中から好きなものを選ぶことができるというもので、フジの「写ルンです」感覚で気軽にスナップ撮影を楽しむことができます。さらに、セットされているフィルムを使い切ったら、自己責任ではありますが新しいフィルムを入れてもう一度撮影を楽しむこともできるというのも特徴のひとつです。

フラッシュ部分にはカラーフィルターも付属しており(Color Negative ISO400、LomoChrome Purple XR100-400の2種類のみ)、3色(ピンク・ブルー・イエロー)のカラーフラッシュ撮影を楽しむこともできます。

※製品の詳細については下記のサイトをご参照ください
【新登場!】 ロモグラフィーの Simple Use Film Camera (レンズ付フィルム)

ということで今回使ってみたのはホダクロらしく(?)Lomochrome Purpleバージョンです。
このフィルムは、緑色が紫系の色合いに染まるというなかなかユニークなものですが、非現実的・幻想的な世界が創造できるのでけっこうお気に入りのフィルムの一つです。

今回初めての使用ということで、とりあえずこのフィルムの特性を生かせる被写体をまんべんなく撮ってみました。
カメラの絞り値はF9、シャッタースピードは120分の1秒ということで、EV値は13~14ぐらい。ISO400のフィルムなら曇り・日陰のシーンでもなんとかいけるかなといったところ。このLomochrome PurpleはISO100~400となっていますが、実効感度200なのでなるべく明るめのシーンを選んだほうがよさそうだな~などと思いながらいろいろ撮ってみました。結果は予想よりやや露出アンダーが多かった印象です( ´・∀・`)

今回撮ったのは新緑のきれいな恵那峡です。天気は快晴で露出も適正でした。印象としてはピントがゆるめで周辺光量は落ち込み、粒子の粗さのせいもありコントラストがかなり低く見えます。いわゆるトイカメラらしいぼんやりした味わいのある写りといったところです。参考画像としてiPhoneで撮ったものも載せておきます。そのちがいが歴然ですね。

また他の作例もこれからお見せします~♪
スポンサーサイト

テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する