孤独の炎立つ

Canon EOS7S/Kodak Ektar100(ネガ現像)

昨年の秋の紅葉と、ある岩場でのショットとの多重露光です。
岩の奥から差し込む光により人物がシルエットとなり、紅葉の鮮やかな色が人物と光の当たらないシャドー部分にくっきり浮かび上がりました。
フィルムはコダックのカラーネガで期限切れですがなかなかの彩度・コントラストが出ました。
この冬はなかなか冬らしい写真が撮れずこのまま終わってしまいそうですが、残念なようですがもうすぐ来る春が待ち遠しくもあります。
春からはいろいろ動き出します。今のうちに準備を進めておきたいです。
スポンサーサイト

テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する