血脈相承の森


Canon EOS 7S/Kodak Ektar100(ネガ現像)

南禅寺の紅葉と地元の森による多重露光です。
一回一枚ずつ撮ったフィルムを再度カメラにセットして二回目も一回ずつ撮るという「セルフフィルムスワップ」という多重の方法です。カメラはフィルム一眼、フィルムはコダックのカラーネガフィルムを使用。
シルエットにして撮った人物と後ろの木々にどう紅葉のディテールを乗せるかやや難しかったですが赤と黒のコントラストがそれなりに出ました。

4月からNHK文化センター京都での多重露光講座(全3回)が決まっていますが、その前に一回多重露光ワークショップを京都ロフトでやります。一回完結型の講座で、撮影実習はありません。3月19日(日)です。
ぜひ多重撮影の方法を学んで写真表現の幅を広げてみましょう(^_^)
春から花などの自然がいろいろ咲き始めて彩があふれてきますのでいいタイミングだと思いますよ。
いずれの講座もまた詳細は決まり次第お伝えします!
スポンサーサイト

テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する