樹氷の森


Canon EOS 5d MK2/EF16-35mm

今週末この冬最大の猛烈な寒波がやってくるそうです。
たぶん予定していた外出は中止になるか大幅に修正を迫られそうです。
車も電車も厳しいとなると仕方がないですよね(*´Д`)
ただ、冬本番となるといよいよ冬らしい写真が撮れそうな予感です。
この冬は比較的暖かかったため、まだ冬景色は全く撮れておらず、写真に季節感が表せないでいました。
冬というと雪か氷ですが、いつもチャンスを狙っているのは「樹氷」(霧氷)です。
かなり標高の高いところなら別ですが、私の住む地域では限られた条件の時にしか見ることができません。
冷え込むだけではだめで前の日の晩に湿った空気がないと木々を氷でコーティングしてくれません。(雪のように思われる方もいますが湿った空気が凍ったものです)
この写真は以前のものですが、ほどよく湿った空気と低温度のため見事な樹氷が見られました。場所は愛知県の最高峰茶臼山です。
よく晴れた朝だと青と白のコントラストも美しく、冬だけにしか見られない幻想的な世界を体験することができます。
カメラはフィルムでなくてデジタルです。広角レンズで全体を覆うように豪快にしたから見上げて撮りました(*゚∀゚)=3

スポンサーサイト

テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する