ラジアルとバイアスと


Canon EOS7(モデル撮影)/Lomo LC-A+(建造物)/Kodak EBX(クロス現像)/フィルムスワップwith畠山健一

フォトグラファー畠山健一氏とのフィルムスワップ企画の新作より。
格子状の構造物は京都駅の展望スペースの回廊にて(私山本穂高撮影)。
モデルさんは静岡かどこかの海岸にて(畠山健一氏撮影)。
実は予期せぬ多重露光で、まったくのアクシデントによる産物なのですが、計算しない組み合わせが少し不思議な結果をもたらしてくれました。
これもフィルムならではの楽しみの一つです。
スライドフィルムによるクロス現像で、彩度・コントラストが高まっています。
スポンサーサイト

テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する