凍てつく夏のpathos


Canon EOS7S/Lomography CN100(ネガ現像)

女性のクールな表情と真冬の氷柱群(つらら)を多重撮影しました。
女性は東京にて撮影、氷柱群は長野県の山中にて撮影しています。
先に氷柱のみでフィルム一本撮り切り、その後そのフィルムを再度カメラに入れて後日東京でモデル撮影を行っています。(セルフフィルムスワップという技法)
フィルムはコダックのスライドフィルムで、現像はクロス現像です。クロス現像により再度・コントラストともかなり高まり、真冬の寒さが強調されエッジの効いた一枚となりました。モデルにも「冬」を意識した表情をしてもらいました。
こういった、女性のポートレートと数々の季節の風物詩を多重露光で組み合わせた作品群による展示を来月京都にて開催します。ポートレート撮影のスペシャリスト畠山健一氏との共作展となります。かなり幻想的でアナログ感あふれる面白いものになります。どうぞお楽しみに!
スポンサーサイト

テーマ : 女性ポートレート - ジャンル : 写真

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する