世に棲む緋々


Canon EOS7S/Fuji Velvia100(クロス現像)

横断歩道をモチーフにした作品より。
多くの人が行き交う横断歩道はストーリー性を感じさせる魅力的な被写体でこれまでさまざまなカメラ・フィルムを使って撮ってきました。
今回は横断歩道と工場との多重です。歩道は大阪駅前で、工場は三重県の四日市コンビナートの石油精製工場です。
狙いとしては、曇天下で撮って暗めに抑えたアスファルト部分に工場の無機質感を浮かび上がらせようというものだったんですがやや露出のバランスの関係もあり工場のディテールは弱くなりました。ややごちゃついた感が都会の雑踏の様相を表しているかなーと思います。
赤みを帯びた色調はフジのFuji Velvia100というスライドフィルムをクロス現像したためで、錆びたような渋いテイストが出ました。
カメラはLC-A+系ではなく一眼を使っています。歩行者をなるべく大きめに捉えたかったので望遠系のレンズを使用しています。

スポンサーサイト

テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する