Purple Rain


Lomo LC-A+/Kodak Ektar100(ネガ現像)

フィルムならではの表現技法「フィルムスープ」より。

フィルムスープとは、撮影済のフィルムに化学反応を起こさせその後現像し、予測のできない結果を得るという技法のことをいいます。
※この「フィルムスープ」についてはこちらの記事をご参照ください
※フィルムスープによる他の作例はこちらをご覧ください

今回の「調理方法」は、大まかにいうと、①撮影済みのフィルムに洗濯用洗剤を塗布する、②その後フィルムを鍋で加熱する、③フィルムの洗浄・乾燥、④現像(通常のネガ現像)、となります。

写真はチューリップ園で多重露光したもので、カメラはLomo LC-A+、フィルムはKodak Ektar100を使用しています。
不思議な斑点のような紫の模様やにじみなどが現れ、爽やかな春のフィールドもサイケな世界へと一変しました。
他の作例もまた追々とお見せします(°∀°)ノ
スポンサーサイト

テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する