春よ、濃い


Lomo LC-A+/Kodak Ektar100(ネガ現像)

久しぶりに「フィルムスープ」をしてみました。

フィルムスープとは、撮影済のフィルムに化学反応を起こさせたのちに現像して、予測のできない結果を得るという技法のことをいいます。
※この「フィルムスープ」についてはこちらの記事をご参照ください
※フィルムスープによる他の作例はこちらをご覧ください

今回の「調理方法」は、大まかにいうと、①撮影済みのフィルムに洗濯用洗剤を塗布する、②その後フィルムを鍋で加熱する、③フィルムの洗浄・乾燥、④現像(通常のネガ現像)、となります。

写真はチューリップ園で多重露光したもので、カメラはLomo LC-A+、フィルムはKodak Ektar100を使用しています。
爽やかな春のフィールドもこの特殊な技法を用いることでサイケな世界へと一変しました。
他の作例もまたこれからお見せしていきます(°∀°)ノ
スポンサーサイト

テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する