心凍らせて


Lomo LC-A+/Canon EOS7/LomoChrome Turquoise XR100-400(ネガ現像)

今年は冬の素材を生かした多重露光にいつになく挑戦しています。
冬場は花などの色が失せ、自然は乾いた色になりがちですが、そんな冬だからこそできる多重露光もあります。
その代表的なものが雪や氷です。住んでいるところはそんなに雪国でもないし暖冬であまり今年は雪にもお目にかかりませんでしたが氷ならそこそこ手に入ります。
時間を作っては氷や氷柱(つらら)を撮影しているのですがその一部の多重写真ができました。
つららと人物のシルエットによる多重露光です。氷の持つ冷たいイメージを生かすためやや暗めの雰囲気で作り上げてみました。
カメラはつらら部分はLC-A+、人物部分は一眼を使用しています。フィルムはロモグラフィーのカラーネガ(LomoChrome Turquoise)です。
1回入れたフィルムを再度入れて撮っているので、氷の配置など細かなことを覚えておく必要があります。(実際は覚えられないのでメモを書いていますが)
人物との重なり合いがバランスよくいくよう気をつけました。
これはまだジャブ程度なのでまた次回作が完成しましたらお見せします〜(^-^*)/

スポンサーサイト

テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する