寂寥のアズミーノ


Lomo LC-A+/Homemade Redscale400(ネガ現像)

冬の信州安曇野にて。
近くの白鳥湖で撮影した後、帰り際に近くで見つけたシーンです。
鳥たちと木の様子が気に入ったため思わず撮りました。
夕暮れ時の寂寥感のようなものがよく出てくれました。
フィルムは赤みを強調するレッドスケールです。実際にはどんよりした曇り空でした。
冬は落葉した木々がむき出しの形を見せ、冬らしい厳しさやもの悲しさを演出してくれます。
シルエットを生かした撮影をふだんから重視している自分としては、この時期の木々の形にもつい目が行ってしまいます。形のよい木を見つけると思わず車を止めて撮影することも。
果たしてこの冬はどんな名もない美しい木に出会えるのでしょうか(*´∀`)
スポンサーサイト

テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する