夏日夢 -a daydream in summer


Lomo LC-A+/Kodak EBX(クロス現像)

ひまわりとトンネルの中の自転車との多重露光、クロスプロセス仕立てです。
去年のものですがラボを変えて再度スキャンし直しました。
トンネルでの撮影は、中央の光の強い部分はそのまま強く現れ、周囲の暗い部分には重ねたパーツがくっきりと表れるので見た目にも明瞭でわかりやすい多重露光が可能となります。
この写真ではひまわりを撮っていますが、なるべく明るめの(反射率の高い)花を選ぶのがポイントです。色でいうと黄色、ピンク、明るい青など。濃い青や赤、紫などは光の当たり方や重ね方にもよりますがどちらかというとくっきりとは重なりにくいです。
そして花を撮る時のもう一つのポイントとして、天気(日当たり)も大事となります。日差しが強すぎるよりも弱め(やや曇天か日陰)のほうが、花びら以外の周囲(葉や茎)が暗く落ち込むため重なり合ったときにごちゃごちゃしないで花びらのみくっきりと現れます。
この写真でもひまわりは曇りの日を選んで撮っています。花びら以外の部分はほとんど主張していませんよね?
さらにこのときは花のボリュームを増やすためと、幻想的に見せるために花を二回露光しています。(計3回露光となります)
ちょっとしたコツを押さえておくと見栄えは劇的に変わってきますのでぜひご参考までに(*^^*)
スポンサーサイト

テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する