reversible minded


Lomo LC-A+/Lomography Turquoise XR100-400

ロモグラフィー製のネガフィルム「ターコイズ」によるEBS(フィルム両面露光)シリーズより。
画面下半分がこのフィルムの通常面、上半分が裏返した面(レッドスケール面)です。
両者は別々の日に撮影していますがどちらも青空のきれいな好天でした。
下半分の通常面はターコイズ独特の色合いになり、青空はオレンジに、緑の草はくすんだ黄緑に、青い道はオレンジ系に、赤いシャツは紫になりました。
そして裏返してから撮った裏面はほぼ全面青みがかっています。
どちらの面も現実の色を表している部分がほとんどないためかなり異質な印象を受けます。
ただでさえマニアックなこのテクニックがややこしいフィルムのためますます説明が困難なことになってしまっています(*´Д`)
露出はオモテはISO200、裏は100で撮っています。

※このEBS(フィルム両面露光)という撮り方については当ブログ内のこちらの記事をご参照ください。(通常のカラーネガを使った説明となります)
スポンサーサイト

テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する