テクニック講座:ちょっとブラして多重(ちょいブラ)の撮り方

多重露光の数あるテクニックの中でも気軽に楽しくできるテクニック、それが、ちょっとブラして撮る(略してちょいブラ)多重です。
いつでもどこでもかんたんに不思議な写真が撮れちゃいますので読んでぜひトライしてみてください♪

choibura00.jpg

この写真は、コスモスの花を二回露光した多重写真です。三脚は使わず、手持ち撮影で二回続けて撮っています。
花が透けたようになり、それぞれの花びらが部分的に重なり合って不思議で幻想的な雰囲気を醸し出しています。
これはとてもかんたんなテクニックなのですが、ちょっとだけコツがあります。
それではこういう多重写真を撮るためのいくつかのTipsを教えますね。

【必要なもの】
1. カメラ( LC-A+ 、 Holga 、 Diana 等、多重露光の容易なカメラがベター)
2. フィルム(基本的になんでもOK、1600など高感度すぎるものは向きません)
3. スプリッツァー(応用編)

1. シングルショットとダブルの比較
まずは、シングルショットとダブルショットを比較してみます。
冒頭の見本写真は、コスモスの花の形がとても美しく、シングルショットでも十分素敵な写真になる被写体でした。そこで私はシングルショットとちょいブラ多重と両方撮ってみました。
どうでしょうか?シングルのほうも私は好きなのですが、ちょいブラのほうはどことなく幻想的な雰囲気に包まれていると思いませんか?他の2例も同様です。多重露光によるちょっとしたエッセンスが加わることで、写真に普通とはちょっとちがった輝きを与えてくれています。
こういう写真はじつはとてもかんたんに撮ることができます。

choibura01-3.jpg
シングル写真と多重写真の比較

2. 撮り方
※カメラはLC-A+にて、フィルムはISO100のスライドフィルムを使用した場合で説明します。
まず一枚目を撮ります。露出はノーマルより「一段」下げます。(LC-A+の場合感度設定をISO200にします)
被写体はなんでもよいのですが、主題を一つに絞って、背景をすっきりさせる(背景を空にする等)ほうがよいと思います。撮るときに構図をしっかりと覚えておいてください。
シャッターを切ったらMXスイッチをスライドさせます。そして二回目のショットを撮ります。感度設定はISO200のままです。
一回目の構図と同じになるようにフレーミングします。手持ち撮影なので、もちろん一回目とまったく同じアングルにはなりません。
その微妙なずれがこのちょいブラ多重のポイントなのです。主題の「少しだけ」のずれが、一つのフレーム内で互いに混じり合って不思議な透明感を生みだすのです。背景部分は混じり合っても見た目に特に変化は生じません。主題だけに透明感をもたらしてくれます。感度設定を一段上げた(すなわち露出を一段分抑えた)ことも、この重なりのためには効果的です。
ただし、一回目の構図とあまりにずれすぎないように気をつけてください。ずれすぎると下の見本のように悲しい結果になります(;´д`)
※使用するフィルムの感度がISO200の場合、ISO400を二回、フィルム感度がISO400の場合はISO800を二回、を基本にしてください。

choibura03.jpg
ズレすぎた写真

3. ファインダーを覗いたままMXスイッチ!
これは、二つのイメージがずれすぎないようにするためのTipです。
一回目のショットを撮ったあと、「ファインダーを覗いたまま」MXスイッチをスライドさせてそのまま二回目のシャッターを切ります。
そうすることで構図があまりずれることなく二回目のショットが撮れます。
右手はカメラを持っていますので、左手の指(爪がベター)を前もってMXスイッチに触れたままにしておいて一回目のショットの後にすかさずひねります。慣れないとちょっと難しいけど…。

choibura02.jpg
ファインダーを覗いたままMXをスイッチ

4. 応用編
このちょいブラと他のテクニックを組み合わせてよりステップアップした多重写真を撮ってみましょう。
まずはスプリッツァー編です。
上下(または左右)に二回ずつちょいブラをして、計四回露光をします。すると不思議ワールドもさらに倍となります(^O^)


choibura04.jpg
ちょいブラ+スプリッツァー(計4回露光)


次に、「花と重ねる」編。
ちょいブラのあとさらにもうひとつ被写体を組み合わせることでより幻想的な世界を生むことができます。(花と重ねるテクニックはこちらを参照)
非現実的かつユニークな作品になることまちがいなしです。

choibura05.jpg
ちょいブラ+花と重ねる(計3回露光)

さらに高等(?)テクニック、「フィルムスープ」編です。
ちょいブラ+フィルムスープ加工をして、より現実からはるか彼方へ遠ざかっていくというマニアックなテクニックです。
(フィルムスープについてはこちらを参照)

choibura06.jpg
ちょいブラ+フィルムスープ①(クロス現像)

choibura07.jpg
ちょいブラ+フィルムスープ②(レッドスケールフィルム使用)

わかりましたか?
HolgaやDiana、Sprocket Rocketなら二回続けて押すだけなのでもっとかんたんにできちゃいますね。
いつでもどこでも不思議な写真が撮れちゃいますのでぜひやってみましょう。
あなたなりのアイデアで不思議で面白い「ちょいブラワールド」を作ってみましょう。
Enjoy your ちょいブラ life!

choibura08-2.jpg
スポンサーサイト

テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する