昔あった国の映画で一度見たような原野を行く


Lomo LC-A+/Lomography Turquoise XR100-400

ロモグラフィー製の「ターコイズ」フィルムによるEBS(フィルム両面露光)に挑戦してみました(たぶん世界初)。
画面下半分がこのフィルムの通常面、上半分が裏返した面(レッドスケール面)です。
もともと個性の強いこのフィルムを裏返すとどんな色になるのか想像がつきませんでしたがやってみたところ…めっちゃ青くなりました!
裏返したフィルム(いわゆるレッドスケール)というのは、通常のカラーネガフィルムを表裏逆に取り付けたフィルムのことでメーカーや感度の違いで多少の色傾向の差はあれどもおおむね赤系・オレンジ系になるのが共通だったのですが、このめっちゃブルーな結果には驚きました(*゚∀゚)=3
レッドスケールならぬブルースケールです(´・∀・`)
とはいえこの結果にはめっちゃブルー(精神的な意味で)ということはなく、通常のターコイズの不思議な色合いとこのブルー系の世界とを一つのフィルム上にブレンドさせて楽しんでみたいと思っています。
それにしてもこの両者の組み合わせはかなりサイケでエキセントリックですよね(*´Д`)
君たちは本当にひまわりなのか?と思いたくなってしまいます。
露出はオモテはISO200、裏は100で撮っています。

※このEBS(フィルム両面露光)という撮り方については当ブログ内のこちらの記事をご参照ください。

Turquoise EBS (Exposing both sides of the film). I had no idea what colors would appear when reversing Lomography Turquoise XR100-400. Turned out so blue! Should I call it bluescale? They are originally sunflowers with yellow petals. ISO200 for normal side, 100 for reversed side.
スポンサーサイト

テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する