暗澹冥濛


Lomo LC-A+/Kodak EBX/X-Process

冬の木々が好きです。
葉っぱが落ちて木の素の姿が露わになり、その美しい枝の造形を見せてくれます。
なので、冬場にはよく木々をテーマに作品作りをしています。
今回は割と地元、ローカル鉄道の線路の上にて撮ってみました。
左の人物は私です(*^ω^*)
セルフタイマーを使ってさりげなくセルフィーしてみました。
あくまでも主役は木のシルエットなのですが、そこに人の気配を取り込むことで見る者にストーリーのようなものが生まれます。
それだけではもうひとつということで、赤い葉っぱを撮って重ねてみました。
木々と人のシルエットに今にも雨の降りだしそうな雲のグラデーション、そして赤い葉によるフュージョンが不思議な一枚を生み出してくれました。

私の写真展 「Dream or Reality? in Osaka」が現在大阪市内のギャラリーで開催中で、この週末が最終となります(^_^)
上の写真のような、懐かしくも新しい不思議な世界をぜひごらんいただければと思います。
今日は私は一日在廊しております。皆様のご来場を心よりお待ちしております♪
詳しくはこちらにて!
スポンサーサイト

テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する