春色の回廊


Lomo LC-A+&Canon EOS series (EF70-200mm F2.8)/Lomography CN100

満開の桜と歩行者用トンネルの多重露光です。
桜は一眼レフカメラを使って愛知県で撮影し、トンネルはLC-A+を使って京都で撮っています。
え?意味が分からんって?
まず最初に、一眼レフカメラにフィルムをセットして桜や梅などを愛知県の公園にて撮ります。そしてフィルムを撮り終えたら巻き戻して先っちょ部分をもう一度取り出します。
そしてそのフィルムを次はLC-A+にセットします。(ちがうカメラなのでフィルムの位置がずれないように事前に念入りにチェックしています)
そして二回目は京都に飛び、あちこちで寺やらモデルやらを撮っています。
という流れです。自動的に一回目の桜の写真と二回目の風景写真が重なるというわけです。
どのように二回目を重ねるかは、計画なしのランダムではなくて、一回目の撮影情報を細かくメモを取っておいてそれを二回目の際に見ながらの作業となります。面倒ではありますが、異なる場所、異なるカメラ(レンズ)同士が同じフィルム上で重なるという面白い撮り方なので、うまくいったときは喜びもひとしおです(*^ω^*)
今回は一回目はすべて望遠レンズを使用しています。望遠ならではの描写とLC-Aならではの味わいのある描写が交じり合うことで、今までとはちがった表現が可能となっています(^_^)

私の写真展 「Dream or Reality? in Osaka」が現在大阪市内で開催中です。
アナログカメラによる懐かしくも新しい不思議な世界をぜひごらんいただければと思います。
今日1日はギャラリーの定休日となっております。
明日2日から5日までオープンしておりますのでどうぞお越しください♪
詳しくはこちらにて!
スポンサーサイト

テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する