テクニック講座:レッドスケールフィルムの作り方

ロモ製カメラユーザーの間で人気の「レッドスケール」というフィルムを皆さんはご存知ですか?
通常のネガフィルムの表と裏を逆さまにして取り付けてあるもので、印象的な赤やオレンジに染まるのが特徴です。
(私のお気に入りのフィルムの一つです。作例はこちらをごらんください)
今回は、その人気のレッドスケールフィルムの作り方をご紹介したいと思います。
慣れるまで少し経験がいりますが、既存のフィルムで気軽に作れるためぜひ機会があったらトライしてみてください(^_^)/

【用意する物】
1. ネガフィルムフィルム(400以上の高感度がお勧め)
2. はさみ
3. セロテープ
4. 暗室・チェンジングバッグ

1. ネガフィルムとはさみ、セロテープを持って暗室に行きます。
howtomakeredscale01.jpg
用意する物

2. フィルムをキャニスターからすべて引っ張り出します。
howtomakeredscale02.jpg
フィルムを取り出す

3. フィルムの最後の部分を1cmほど残してはさみでまっすぐに切り取ります。
howtomakeredscale03.jpg
フィルムをカット

4. 切り取ったフィルムを裏返してキャニスター側にセロテープでくっつけます。なるべく平行ラインを保ったまま丁寧にくっつけてください。
※暗室での作業のためちょっと難しいと思いますがすぐ慣れるのでがんばって!
howtomakeredscale04.jpg
裏返してセロテープでつなぐ

5. その後、キャニスターを巻き戻します。もし途中で引っかかって動かなくなったら、フィルムが曲がっているせいかもしれません。再度やり直しましょう。
howtomakeredscale05.jpg
巻き戻す

6. 先端の形を整えて完成です。
howtomakeredscale06.jpg
先端をハサミで整えて完成

以上です。
どうですか?ちょっと難しそうですか?初めは少し手間取るかもしれませんが、慣れてくるとスムーズにできるようになってきますので根気よくトライしてみてください。

ちなみに、裏返したフィルムは感度が実質2段下がります。800なら200、400なら100、200なら50、というように。
撮る際はこの点に気をつけて感度設定や露出を設定してください。

色合いですが、どのメーカーのカラーネガフィルムを使用した場合も赤やオレンジ色になるという基本傾向は同じですが、メーカーによって多少異なる特徴が現れます。個人的な感想では、コダックは黄色・オレンジ色が強調され、フジはマゼンタ・赤が強調されビビッドで高コントラスト、ロモグラフィーは控えめな赤色でコントラスト低めになります。好みに応じて使い分けるとよいでしょう。

それでは最後に、レッドスケールを使った写真のギャラリーを紹介したいと思います(すべてLomo LC-A+にて撮影)。
どうぞご覧ください♪

red000342870030-2.jpg

red000249060002.jpg

red06f1916b2979be9fdc97dbac20ef09d2e96235.jpg

red000262390010.jpg

red000308790009.jpg

Enjoy your Redscale life!

※当記事は、私hodachrome/山本穂高がロモグラフィー上に投稿した記事を当ブログに掲載したものです(ロモグラフィーに確認済み)。日本人向けに加筆・修正等はじゃっかん加えておりますが、すべての著作権は私に帰属しておりますのでその点ご了承ください。
元の記事はこちら:ロモグラフィー:レッドスケールフィルムの作り方 by hodachrome
スポンサーサイト

テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する