悠久の刻 -history, elegance and dynamic


Lomo LC-A+/Kodak EBX/X-Process/フィルムスワップ with Toby Mason(UK) & Graziella Innes(USA)

日本・アメリカ・イギリスのフォトグラファー3人による「国際フィルムスワップ」が実現しました。
それぞれの国でフィルムを1回ずつ撮って制作する「3重露光」による作品です。
アメリカからはロモグラフィー界のアイドルで年間最優秀ユーザー常連のGraziella Inesが、イギリスからは高名なイケメン写真家Toby Mason (Fotobes)がこの企画に参加してくれました。
まったく異なるそれぞれの国の風景が一つのフィルム上で不思議なコラボを果たしています。
この写真はまずTobyがイギリスのブライトンビーチにて夕日(写真右側)を撮り、次にGrazieがアメリカのザイオン国立公園(後ろの山)を、最後に私が愛知の興正寺の五重塔を撮って完成しました。
このフィルムに関しては完全にランダムな組み合わせです(他の2本のフィルムはまたちがう撮り方をしています)。
3人が自由に撮っていますので失敗のほうが多いのですが、この1枚はとてもうまく重なった1枚です(*^^*)

"悠久の刻 -history, elegance and dynamic". 1st image from 3-way "trifecta" filmswap project, across 3 continents. One photographer from me (Japan), one from Toby Mason (Fotobes)(UK) and one from Graziella Ines (USA). We tried 3 rolls and for this 1st roll we each exposed entirely at random. First, Fotobes shot sunset scene at Brighton Beach, UK. Then Grazie shot at Zion National Park, Utah. Finally I shot Koushouji Temple in Nagoya,Japan. Each image is visible so clearly and nicely blended
Lomo LC-A+/Kodak EBX/X-Process/Filmswap with Fotobes and Grazie
スポンサーサイト

テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する