好日秋桜

000430770027-4.jpg
Lomo LC-A+/LomoChrome Turquoise XR100-400(ネガ現像)

仕事中に見つけたちょっとだけ咲いてたコスモスです。
あまりボリュームはありませんでしたが、3回ほど露光することで華やかになりました。
印象的なオレンジ色の空はロモグラフィーのターコイズという個性的な発色をするネガフィルムで撮ったため。
花びらの色は明るいピンクでしたが大きくは転ばずやや紫系となりました。
その場によるいわゆる「ちょいブラ」多重ですが、コスモスのような風に揺られる可憐な花にはこの撮り方がよくマッチするように思います。

ちょいブラ多重については当ブログの私のテクニック記事「テクニック講座:ちょっとブラして多重(ちょいブラ)の撮り方」をご覧ください♪
スポンサーサイト

テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

金色の野に降り立ってみた2017


Lomo LC-A+/Redscale800(ネガ現像)

ススキもどんどん生えてきてます。まだ若いですが。
レッドスケールフィルムで撮ると黄色・オレンジ系が強まり印象的な絵となります。
この写真ではさらにスプリッツァーを使って上下対称に二回露光しています。
場所は開田高原ですが、ススキの野の周囲には白樺の木がありそれもいいアクセントとなりました。

テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

萎れゆく部屋

Lomo LC-A+/LomoChrome Turquoise XR100-400(ネガ現像)

夏の花々がほぼ終わり、秋色の花が咲き始めています。
今夏さんざん撮らせてもらったひまわりはもはや散り果て、立ち枯れの状態でその姿を留めています。
その最期の姿も作品に収めておくことにしました。感謝の意も込めて。
枯れたひまわりは、ハスのときも感じましたがその切なげで儚い様子がとても絵になるように思います。
ということでこの写真は、昨年撮った枯れたひまわりと女性との多重ポートレート。
ややひまわりがわかりにくくなりましたが、寂しげで切ないイメージが出るよう意識して撮りました。
独特の色合いはロモグラフィーのターコイズというネガフィルムを使ったためです。

テーマ : 女性ポートレート - ジャンル : 写真

「フィルム重ね焼き」の検証 ~レッドスケール編

2017-09-03150042-2.jpg
①ネガを二枚選ぶ(今回は古いレッドスケールの原版から)

2017-09-03145717.jpg

②プラスチックマウントに二枚重ねて入れる

000194250018-2.jpg
③ちなみに元の画像はそれぞれこんなイメージ

000426870001.jpg
④スキャンして重なったイメージ

「フィルム重ね焼き」による多重写真を実験してみました。

これは、撮影時に重ねる、今まで私がやってきた通常の多重露光ではなく、一枚撮ったのみの写真のネガフィルムを二枚重ねてスキャンして取り込み時に重ねるというものです。東京の、レンタルラボを兼ねたカフェ「アウラ舎」さんでふと出たお話をもとに着想を得てやってみようと思いつきました。

とりあえず今回は古いネガフィルムから二コマを選び、それらをプラスチックマウントに二枚重ねて入れてラボのスキャナーで取り込んでみました。ネガの選び方は、通常の多重露光と同様に、重なり合うために適した条件を満たした明るさ・暗さのバランスをよく考慮しています。

結果は当初思っていたより難しかったです。露出はなかなかシビアで、白飛び・黒つぶれがかなり激しく(つまりコントラストが高すぎ)、少しでもオーバー原板だとなかなか像として現れてきません。ネガのラチチュード(許容範囲)で何とかなるかなと思い込んでいたところを軽くやられました。気になっていたシャープ感はそれほど悪くなく、多少ゆるい印象もありますが許容範囲だと思います。他は周辺光量不足がやや気になりました。重なり合う上での大切な要素という意味ではこの手法でも通常の多重撮影でも同様といえます。

今回の写真は赤みが強く出るレッドスケールなので、赤系を基調としたほぼ単一トーンとなりましたが、さらにまた他のネガやポジ・白黒フィルム等でもどういった結果となるか試してみたいと思います(。・∀・)ノ

テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真

使徒 ヒマワリリン


Lomo LC-A+/Fuji Velvia100(クロス現像)

ひっさびさのVelviaによるクロスです。
ひまわりを二回露光した後、モデルさんを一回撮影しました。
ひまわりはスプリッツァーを使わず上下対称に撮影。中央部分にできる暗部にモデルを配置しました。
フジのVelvia100はクロス現像するとかなり赤みが強く出ますが、ラボに頼んで赤みをできる限り抑えていただきました。
そのためほんのり赤みはあるものの実際の色合いもある程度再現され、レトロっぽい独特なトーンになりました。
高いコントラストとフィルムらしい粒状性、カリッとした硬めの仕上げはクロスならではです。
モデル:佐野小波さん

テーマ : トイカメラ - ジャンル : 写真